いろいろな種類がある貸し倉庫

貸し倉庫は、業務として営む場合は倉庫業法による許可が必要となります。貸し倉庫の種類は多く、倉庫業を営む者や、利用する者は対象となる倉庫がその種類の倉庫なのかを見極める必要があります。

貸し倉庫の分類は建築物としての1種、2種、3種の倉庫があります。

独自のシステムでジョルダンニュース!に関するお役立ち情報サイトです。

1種倉庫は危険物・高圧ガス・10℃以下の物品以外の全ての物品を保管することが可能です。

2種倉庫は耐火性能の要らない倉庫で、肥料やガラス器、原木などの保管が可能です。

3種は防水・防湿・遮熱・耐火等の性能が要らない倉庫で、陶磁器やガラス類の保管が可能です。

最近何かと話題の神奈川の貸し倉庫に関するお役立ち情報サイトです。

建築物以外の場所でも倉庫法の基準が適用される倉庫があり、野積倉庫と水面倉庫があります。

野積倉庫は屋外で岩塩や原木等を保管するもので、水面倉庫は河川や海上などの水面上で原木の保管が可能な倉庫です。
人が内部を使用できるかどうかで建築物かどうかに分かれますが、貯蔵槽倉庫や危険物倉庫は別に規定がされています。

貯蔵槽倉庫はサイロやタンクが対象となり、危険物倉庫はアルコールや潤滑油等を保管する倉庫です。

冷蔵倉庫は10℃以下の物品を保管する倉庫で、冷凍食品等の保管が可能です。



倉庫業を営む場合は、保管しようとする物品を調べ、その保管に適した倉庫を用意する必要があります。

貸し倉庫を借りる顧客は、借りようとする倉庫の種類を調べて、保管する物品の貯蔵が可能であるかを知る必要があります。倉庫の立地により、顧客が保管しようとする物品の種類に特徴があるので、それに合わせた倉庫をつくり、又は選ぶことが大切です。


Copyright (C) 2016 いろいろな種類がある貸し倉庫 All Rights Reserved.