iPhoneの防水加工について

subpage-img

iPhoneは基本的に防水性というわけではないので、水分がつくこと自体がNGです。
とはいっても、時には人為的なミスで、iPhoneの本体に水分がついてしまうこと、お風呂やトイレなどに落としてしまうこともあるでしょう。

そんな時、通常であれば、すぐに本体端末は使用できない状態になってしまうのでしょうが、事前にその対策をしておけば大切なデータ等を守ることができるかもしれません。

iPhone8の予約にまつわる情報をまとめています。

というのも、iPhoneの修理業者の中にはそういったiPhoneの水没故障の事前の対策として、端末内の機械部分に防水処理をすることができるところもあるのです。

Yahoo!ニュースのことならこちらをご活用ください。

もちろん、この業者、appleの正規の業者というわけではないので、場合によっては注意が必要なケースもあります。

とはいえ、appleの保証サービスに加入していないという場合にはこの防水加工をしておいた方が、万が一の時の修理代をより抑えることができるので、人によっては非常におすすめの方法です。

この防水処理、決してiPhoneを水に浸してもそのまま使えるという意味ではありません。

もし万が一、水分が機械内に入っても、ある程度までならその内部を守ることができますよ、という意味の防水加工なので、さほど大きな期待はできないかもしれません。



ですが、それでも水没によって端末内のデータがすべて消えてしまうという危険はなくなるので、より安全面を重視するのであればこの方法がオススメなのです。

top