iPhoneのオススメ液晶保護シート

subpage-img

iPhoneの液晶は大型化しており、iPhone6Plusでは5.5インチとなり、かなりの大型ディスプレイとなっています。Android機ではさらに大きな液晶を持つスマートフォンもありますが、iPhoneではここまで大きなタイプは初めてです。


iPhoneは液晶がきれいなことでも高評価を受けているのですが、スマートフォンなのでAndroid同様にさまざまな問題が液晶に起こります。



そのため、各種問題を解決する、または予防するために液晶保護シートを利用することをオススメします。液晶保護シートは主に光沢、非光沢という見栄えの違いで選ぶことができるのですが、これは屋内で利用することが多く、ぎらぎらした映像が好みではないなら非光沢、屋外でも利用するなら光沢が一般的に選ばれます。ただし、屋外でも非光沢が良いという方もいるので光沢、非光沢は好みで選べばよいです。

その他のシート選びの基準は各機能ごとに選ぶことができます。


液晶保護シートで最近増えているのがブルーライトカット機能です。

あなたの探していた日本経済新聞情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

iPhoneだけではなく、テレビでもパソコンでも液晶からはブルーライトと呼ばれる光線が出ており、それが目の疲れなどを引き起こすと言われています。



そこで保護シートでカットする方が増えており、長時間みることが多い方には特におすすめの機能です。

top