貸工場での取引について

最近の企業においては工場を新規で設立するための資金を持っていないような企業が多く、特に設備投資に向けたキャッシュを保有している企業はごく一般の大企業に限られてくるようになりました。
このような状況においては企業としては工場を建てるためには非常に多くのお金が必要になってくるため、あまり設備投資に関しておお金を捻出できないといった課題を抱えています。



そこで、最近では貸工場を不動産の一部として営むオーナーも増えてきており、特に広大な土地を保有しており、工業地域に指定されているようなオーナーにおいては現在の土地を住宅用の賃貸に回すことよりも利益率の良い貸工場として利用してもらう方法を選ぶオーナーが増えてきています。



最近の日本においては貸工場に関しては珍しかったのですが、最近になっては良さを見直されるようになっており、より多くの工場経営者が初期投資費用を抑えることができるというメリットから土地を購入して工場を建てるより、貸工場を借りることで、毎月の家賃に関してはかかってくるのですが、土地を所有していた場合には固定資産税を支払わなければならないため、税金に関する資金繰りが非常に難しくなってくるのですが、賃貸で工場を借りていたとすると、固定資産税の支払いは土地の所有者であるオーナーに負担が行くため、毎年の固定的な経費を削減することができます。
このように、毎年かかるお金を減らしていくことで、企業としての財務的にも良くなる傾向にあります。



Copyright (C) 2016 貸工場での取引について All Rights Reserved.