貸し工場のメリットとデメリットについて

工場を操業する際に、自社所有にするか賃し工場にするかは、現在の状況と将来を合わせて考える必要があります。自社工場は「長期的な支出が少ない」「不動産担保の取得」というメリットはありますが、「初期投資費用が大きい」「規模の変更や移転がしにくい」「業績悪化した場合、購入時の借入金返済が困難」などのリスクを負う事になります。



さらに地震や洪水などの自然災害で工場が失われた場合、同じ土地に再建できるかどうかの問題も生じます。

YOMIURI ONLINEの情報が豊富です。

一方の貸し工場は「長期的な支出が多くなる」「所有者との契約によって使用上の制約がある」「賃料の値上げ交渉の可能性」といったデメリットもあります。
しかし「初期投資費用が少ない」「規模の変更、移転がしやすい」などの強みがあります。

消費動向やトレンドの読みにくい時代、常に最適な規模とロケーションを検討できるのは魅力と言えます。


さらに貸し工場は初期費用の少なさによって、新規事業の展開をスピーディーに行う事も可能です。ものづくりも世界を相手に1分1秒を争う現在、アイディアをいかに早く形にするかがカギになります。

生産拠点をいち早く確保し、操業を始める事によって大きなビジネスチャンスをつかむ例も少なくないでしょう。

自社工場を持って対外的な信用を得るか、貸し工場で実務的なスピード感を得るか。

会社の規模や取り引き関係によって判断は難しいところですが、これからの時代を勝ち抜くために賢い判断をしたいものです。

埼玉の貸し工場の専門サイトのこちらです。

Copyright (C) 2016 貸し工場のメリットとデメリットについて All Rights Reserved.