不動産投資よりも利回りのよい貸し倉庫業

資産運用として有名なのは金融商品への投資、もしくはアパート・マンションなどの不動産投資ですが、不動産投資の利回りは一般的に8%程度といわれてるのに対して、貸し倉庫への投資は20%程度の利回りも期待でき、不動産投資以上の運用効率が期待できます。

その理由はマンションなどの居住物件は建築コストが高額なのに加えガスや水道、電気などのインフラ整備が必要であり、初期投資が高額になってしまうのに対し、貸し倉庫の場合は建築価格が比較的安く、インフラ整備の必要もないため初期投資が安いためです。
具体的には、15坪程度の倉庫であれば最低400万円程度から運用が可能です。

初期投資額が低く、利回りが高いため、5年程度の短期間で投資額の回収も可能といわれています。

Girls Channelに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

また、貸し倉庫の場合はユーザーは居住物件ほど外観に気をかけることがないため、外観の修繕や改修費用を抑えることできるため、ランニングコストも低く抑えることが可能です。

さらに、貸し倉庫の場合は倉庫としての基本的性能が充実していれば一度利用を始めた方が倉庫スペースが不要となったり引越しをしない限りは継続してしようしてもらえることが多いため、急に空きが増え収益が激減するといったリスクが少ないのも特徴です。



必要な機能・西部を備えていれば、ユーザーが倉庫に保管している物品が盗難に遭ったり、火災に遭ったりした場合にも法的な責任に問われないことも運営側の利点として挙げられます。

東京の貸し倉庫の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

Copyright (C) 2016 不動産投資よりも利回りのよい貸し倉庫業 All Rights Reserved.